忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【 2017/11/24 16:24 】
CATEGORY [ ] 
pagetop ∴
読書は大切ですよね。
ネットニュースです。

メルクリンCAFE(有馬玩具博物館)
精巧に作られた鉄道模型は圧巻です。 歴史あるドイツ・メルクリン社の鉄道模型とそれを取り巻くジオラマの夜景を眺めながら、おいしいお酒をいただくことができます。 恋人同士で飲むもよし、一人でゆっくり飲むもよしって感じです。 ...(続きを読む)

鉄道模型
中日新聞小中生に博物館に足を運んでもらおうと、創作折り紙や鉄道模型など子どもたちに親しみやすい三つの分野で展示する。九月二日まで。 (酒井健) 創作折り紙は、同市の日本折紙協会講師の本家京子さんの作品を展示。松任ゆかりの女性俳人・千代女の ...(続きを読む)

昭和 鉄道模型
鉄道を愛して各地を旅したり、グッズを集める「鉄ちゃん」に注目が集まっている。最近では、お茶を飲みながら鉄道模型の操作を楽しめる「鉄カフェ」が登場。マニアだけでなく、団塊世代の男性や子ども連れの親子にも人気が広がっている。 ...(続きを読む) ...(続きを読む)

鉄道模型 カトー最新情報
日経ネット関西版阪急百貨店と阪神百貨店は20日、合同で鉄道模型イベントを開くと発表した。今年10月に経営統合する両社が催事を共催するのは、1月のバレンタインチョコレートの販売促進イベントに続き2度目。鉄道模型の販売のほか、10月に迎える阪急 ...(続きを読む)

鉄道模型のゲージ
1938年、湯山一郎は日本型鉄道模型を1/45,32mmゲージ(零番と称された)で作ることを提唱した。しかしそれには例外規定もあった。蒸気機関車のシリンダ間は32ミリを採用すると再現不可能になった。仕方なく蒸気機関車だけは1/43ということになった。 ...(続きを読む)

KATOカプラー密連形A(グレー)アーノルド
最近は時計とか、付録が付いている物が多いんだけど 今度蒸気機関車の 鉄道模型 を作るっていうパーツ付きマガジンが 発売されるらしいの。 ... Nゲージファンも必見!! ディアゴスティーニの 『週間 蒸気機関車C62』 サイトにて . ...(続きを読む)

鉄道模型の現在、過去、未来−ポポンデッタ社長インタビュー (前編)
それがNゲージショップ「ポポンデッタ」。2003年に秋葉原に出店、昨年10月にはビル一棟「鉄道ビル」として新たなスタートをきった「ポポンデッタ」。アキバ経済新聞では同社社長で、普段は税理士をされている太田社長に出店のきっかけから、鉄道模型の ...(続きを読む)

ゲッピンゲン 鉄道模型と美しい街並み
注)ゲッティンゲンではありません。 この街はヨーロッパではメジャーなホビー鉄道模型の世界的先駆者メルクリン社の本社&博物館があり、こじんまりとした街並みも捨てがたい渋い街です。 ★鉄道博物館関連(日本語) 鉄道博物館のアドレス ...(続きを読む)

”昭和の『鉄道模型』をつくる”創刊号買ってみました!
今日発売の 昭和の『鉄道模型』をつくる 買ってみました。 ちゃんとしたレイアウトを一から作ってみたことがないので、いい機会かなと。 模型を始めたらちょうどこんな製品が出てくるってのはとてもラッキーです。 どこかのブログで、今が第2次鉄道模型 ...(続きを読む)

昭和の鉄道模型をつくる
講談社が2007年7月19日に創刊する 『昭和の鉄道模型をつくる』 。 自分のモ経歴が浅いので下記の記事を読んでから、購入しようと目を付けていました。 http://itempo.jp/railway/news002/ccc6d5b256fdbeca1333cc3f/index.html. もうすぐだし・・・。 ...(続きを読む)


鉄道模型Nゲージを楽しむ(2007年版)
商品価格:1,365円
レビュー平均:4.0
ようこそ!鉄道模型の世界へ
商品価格:1,050円
レビュー平均:5.0
鉄道模型組み立てキットBトレインショーティー
商品価格:2,415円
レビュー平均:3.0
トミックス【鉄道模型】国鉄貨車 コキフ10000形(コンテナなし)
商品価格:1,764円
レビュー平均:5.0
KATO 【鉄道模型】 ローカルホームアクセサリー (B)
商品価格:672円
レビュー平均:5.0

PR

【 2007/07/23 19:49 】
CATEGORY [ 話題の情報 ] COMMENT [ 0 ] TRACKBACK [ 0 ]
pagetop ∴
<<琴光喜 大関昇進 条件 | HOME | cali gari>>
コメント
コメント投稿














trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]